日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中村敦夫特集

(C)日刊ゲンダイ

テレビ局を批判してキャスターを降ろされた中村敦夫


■1988年3月 3月9日、取材のため浜松にいた中村敦夫(当時48)を毎日放送の制作局長が訪ねてきた。同局で制作する「中村敦夫の地球発23時」のキャスターを4月から降りてくれと言いにきたのだ。関西で20%、関東で12%の高視聴率を叩き出す硬派ドキュメンタリー番組。その人気キャスターへのいきなりの降板通告は、あまりにも不可解だった。 ことの発端は3月4日に開かれた番組改編の発表記者会見。そこで中村…

見渡す限り砂漠が広がる

中村敦夫さん(俳優)


北朝鮮、タイ、中国、フィリピン、インドネシアなど、世界各国でもプレーした中村敦夫さん。中でも強く印象に残っているのが、アラブ首長国連邦のドバイでのラウンドだ。 イラン・イラク戦争まっただ中の1987年。 中東取材の傍らプレーした。ドバイ郊外のゴルフ場は砂漠の中である。 「一体、どうやって砂漠でプレーをするのか、体験してみたかったのです。聞けば、アラブ人はゴルフなどやらず、やるのはもっぱら日本人と…

87年、北朝鮮でオープン10日前のゴルフ場でプレー

中村敦夫さん(俳優)


ゴルフデビューは46歳と遅かった中村敦夫さん。その頃は、TBS系列のドキュメンタリー番組「地球発22時」でキャスターを務め、世界中を飛び回っていた。 そして海外でもスケジュールに余裕があると、現地でプレーを楽しんだ。印象的だったのが、1987年に訪れた北朝鮮だった。 「ちょうどソウル五輪を1年後に控え、技術も経済力もないのに、メンツにかけても韓国と合同で開催すると騒いでいました。世界と対等に通用…

中村敦夫さん

中村敦夫さん(俳優)


NHK朝の連続テレビ小説「まれ」で塗師屋を演じて好評だった中村敦夫さん。俳優、キャスター、政治家とさまざまな顔を持つ。無類のゴルフ好きという顔も持つが、実はゴルフを始めたのは46歳から。 ゴルフデビューが遅かったのには理由がある。 東京外国語大学に通いながら、自宅近くの荒川河川敷のゴルフ場でキャディーのバイトを始めた。決して時給がいいわけではなく、少しでも学費の足しになれば、と考えたからだ。 真…

中村敦夫さん

中村敦夫さん(俳優)


朝ドラ→朝イチの連携プレー

NHKが朝から“ケツの穴”連呼…「まれ」のセリフきっかけに


漆塗り職人になりたくて、祖父・紺谷弥太郎(中村敦夫)に弟子入りしたものの、このところ関係が険悪になっていた孫・圭太(山崎賢人)に対して弥太郎が「外に行ったらいい。ほな、さいなら、ケツの穴」と言い放ったことだ。 これに飛びついたのが朝ドラとの連携プレーが恒例になっている「あさイチ」の有働由美子(46)。オープニング早々、隣にいた柳沢秀夫解説委員に「ケツの穴ってどういう意味なんですか?」と尋ねると、…

実は芸歴23年以上

官兵衛にも出演…朝ドラ「まれ」に登場した“着物美人”の正体


7日、NHKの朝ドラ「まれ」で、中村敦夫演じる紺谷弥太郎に連れられて登場した芸者役の女優についてだ。NHK広報部に尋ねたところ、「奥山奈々さんという女優」だそう。 早速、所属事務所のHPを確認すると、1981年生まれの34歳とある。なるほど、匂い立つような色香も納得。趣味はフラダンスで、講師としても活躍中。英語の教員免許も持っているそうだ。芸歴はというと、すでに92年ごろから吉幾三や大月みやこ…

写真週刊誌「FOUCS」で20年間パロディー作品を連載した (C)日刊ゲンダイ

パロディー作家マッド・アマノ氏 「風刺は権力への批評行為」


もともとは『リコール!小泉鈍一郎』という本を作りまして、そこに掲載した作品だったのですが、これを当時、みどりの会議の代表として参院選に出馬した中村敦夫さんが自分のホームページに載せた。そうしたら、自民党から私と中村さん宛てに通告書が送られてきた。安倍幹事長と顧問弁護士の連名でした」 ――通告書には何と? 「総理に対する名誉毀損です。回答によっては訴えるぞと。脅しですね。2日以内に答えろと居丈高で…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事