日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大沢たか特集

2006東京国際映画祭に出席したときの大沢たかお/(C)日刊ゲンダイ

広瀬香美・大沢たかお スレ違いから7年目の離婚


99年3月、32歳の時にモデル出身の人気俳優、大沢たかお(当時31)と電撃入籍したが、あまりにも意外な組み合わせに驚いた人も多かった。 3月26日、結婚は「さて、この度、大沢たかおと広瀬香美は兼ねてよりお付き合いをさせて頂いておりましたが、3月23日に入籍したことをご報告申し上げます」というFAXで報告された。お互いの所属事務所が「私どもにも付き合っていることすら知らされていなかったもので」と慌…

毎日ステーキの肉食男子

交際否定の大沢たかお 再婚のハードル上げる“肉食偏愛”生活


俳優の大沢たかお(47)が20歳年下の美女と交際中であることが写真誌「フライデー」で報じられたのはGW前のこと。 この美女は有名医師の娘で、大沢はすでに家族ぐるみの仲。人目をはばかることなくデートしたり、大沢の愛車でデートする様子が報じられた。ところが、大沢は自身のツイッターで「一部メディアの報道に関して、皆様がご心配されているような事はございません。これからも応援よろしくお願い致します」と関係…

ひたむきな演技が好評/(C)日刊ゲンダイ

綾瀬はるかに続き大沢たかお…NHK大河は「JIN」頼み?


井上真央(27)の再婚相手は俳優の大沢たかお(45)――。初婚もまだの妙齢女優に失礼か。もちろん、役柄の話。来年のNHK大河「花燃ゆ」で長州出身の儒学者、小田村伊之助役に大沢の起用が発表されたのだ。 井上演じる吉田松陰の末娘の文(のち美和子)が主人公の物語。伊之助は松陰の死後、その人望と手腕を買われて松下村塾を託された人物。そもそも文の実姉と夫婦だったが、先立たれ、文と2度目の結婚。要は再婚カッ…

オリジナルは藤原竜也が熱演

藤原竜也が熱演 邦画「藁の楯」ハリウッドリメークの期待度


大沢たかお、藤原竜也、山崎努ら俳優陣の奮闘も見ごたえ十分。とくにクズ人間の殺人犯を熱演した藤原は代表作の一本になった。95%悪人なのに、5%の人間性の部分が宿る複雑な役柄で、彼がいてこそ、人間の善悪や殺人犯の人権をめぐる映画の主題に斬り込むことができた。 監督は未定だが、一流どころの起用を期待し、話の細部をさらに緊密にした作品を期待しよう。17年の公開を目指すそうだが、機会があれば三池作品を見…

「花燃ゆ」は大苦戦

東京五輪の年 NHK大河候補リストに「北条早雲」浮上の理由


実力派の大沢たかおと夫婦になるところまで進めば物語自体に多少なりとも動きが加わり、見ごたえも出てくるのでしょうが……」 NHKとはいえ、視聴率に一喜一憂する制作陣の心境は想像に難くないが、その一方で、局内からは早くも2020年の東京五輪に向けた大河の話題が漏れ聞こえてくる。 「来年の堺雅人主演『真田丸』は大河初の真田信繁が主人公。しかも、真田幸村という有名な俗名に頼らず、本名を前面に打ち出した映…

楫取素彦を演じる大沢たかお/(C)日刊ゲンダイ

「花燃ゆ」陰の主役 松陰が最も信頼寄せた楫取素彦の生き方


文の夫で、吉田松陰が最も信頼した楫取素彦(かとりもとひこ=小田村伊之助、配役は大沢たかお)である。 「楫取素彦は、明治維新の立役者のひとりでありながら、スタンドプレーやハッタリといった、今の政治家が行うようなことを最も嫌った人物でした」 こう言うのは、のちに群馬県令(知事)となる楫取素彦の研究者で、群馬県議の中村紀雄氏だ。 楫取は歴史の表舞台にこそ顔を出さないが、桂小五郎(木戸孝允)に坂本龍馬を…

20代から60代までよりどりみどり/(C)日刊ゲンダイ

美熟女ズラリ…大河「花燃ゆ」の“セクシー宣言”に困惑の声


松陰役の伊勢谷友介(38)をはじめ、大沢たかお(46)や東出昌大(26)、高良健吾(26)といった文を取り巻くイケメン俳優の出演が発表になった際は、井上の代表作で、4人のイケメンに囲まれて学園生活を送る女子高生を演じたドラマ「花より男子」(05年)を彷彿させるとちゃかされた。で、今回の「セクシー大河」宣言である。 「幕末版『花男』だとか、安倍首相の故郷である山口が舞台ということで政権へのゴマす…

実は恋愛体質?/(C)日刊ゲンダイ

浮いた話を聞かないが…綾瀬はるかに囁かれる“都市伝説”


ドラマ「JIN」で共演した大沢たかお(46)と、「自宅へ超厳戒通い愛」と報じられた過去もある。 「4年前に発覚した当時は、話題づくりという見方もあった。大沢とは自然消滅したともいわれますが、いずれにせよ、綾瀬の浮いた噂はほとんど聞きません。NHK大河ドラマ『八重の桜』はコケましたが、綾瀬は老若男女にウケがよく、好感度はバツグンです。綾瀬のCMのギャラは、1本4000万円以上と、吉永小百合に次ぐ…

実力派俳優/(C)日刊ゲンダイ

西島秀俊、堤真一、阿部寛…人気俳優が一般女性を選ぶワケ


大沢たかお(46)の新恋人も一般女性だ。 彼らは、実力派俳優としての地位に加え、ルックスも抜群。共演女優だって選びたい放題のはずだが、なぜフツーの女性に落ち着くのか。 ■女優相手じゃ自分が壊れる 「実力派と呼ばれる俳優の多くは、20代に売れない不遇の時代を経験し、30代半ばになって、やっと演技力や個性が認められるケースが目立ちます。おのずと結婚はアラフォーになるし、本人は積み上げてきた役者として…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事