日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山口茜特集

日本路対決を制した奥原(左)と山口

バド日本人対決制し奥原希望が初の4強入り 山口茜を下す


リオ五輪バドミントン女子シングルス準々決勝は16日(日本時間17日午前)、世界ランク6位で第4シードの奥原希望(21)と同12位の山口茜(19)が対戦。過去の国際大会で奥原が5戦していずれもストレート勝ち。直近の試合では今年7月の全日本実業団選手権で奥原がやはりストレートで制している。 会場の「リオセントロパビリオン」ではスタンドから両選手に日本語で声援が飛ぶ異様な光景。女子シングルスの佐藤翔治…

おっとりした性格の山口茜

リオ銅の奥原に初勝利も…バド山口茜に足りない“貪欲さ”


23日のバドミントンのヨネックス・オープン・ジャパン準々決勝で世界ランク12位の山口茜(19)がリオ五輪銅メダルで同5位の奥原希望(21)を2-0で下し、24日の準決勝進出を決めた。山口は国際大会7度目の対戦で初めて奥原を破り、リオでの雪辱を果たした。 女子シングルスでは奥原の陰に隠れて目立たない存在だが、山口の実力は折り紙付き。12年12月に史上最年少の15歳で日本代表入り。翌13年のヨネッ…

奥原は圧勝で8強入り

もったいない! 女子バド4強賭け山口と奥原が日本人対決


同12位の山口茜(19)は同4位のラチャノック(タイ)にてこずりながらも、格上相手にストレート勝ち。16日の準々決勝では日本人同士の対戦が実現するため、これで同種目で日本勢初の4強入りが決まった。 シングルスでは国内トップを争う2人。過去の対戦では奥原が山口を圧倒している。国際大会(スーパーシリーズ)では5戦していずれも奥原がストレート勝ち。今年7月の全日本実業団選手権(福井)でも奥原が2-0で…

奥原希望には金メダルの期待がかかる

初戦は危なげなし 女子バド奥原“メダルへの敵”は膝の古傷


山口茜(19)はガフンホルト(27=チェコ)に2―1で逆転勝ちした。…

美貌も人気

「美しすぎるバド選手」大堀彩 全日本8強で見えた課題


1学年下の山口茜(18=福井・勝山高)は高校時代からのライバル。現時点ですでにA代表入りしている山口には大きく水をあけられているとはいえ、166センチという長身と、技術の高さは大きな武器。課題は山口のようなパワーを身につけ、精神面を強化することらしい。 おしとやかな表情そのままに、もっと強くなってもらいたい。…

スマッシュクイーンの2人/(C)日刊ゲンダイ

ラケット手にした美女2人 「会場で気軽に声をかけてね」


今回はロンドン五輪優勝の林丹(中国)、昨年優勝の高校生山口茜(勝山高・16)など注目選手が出場する。 SAKURACOさんはバトントワリングで全国大会に出場したこともあるスポーツウーマン。上条さんは先日も駒沢公園でプレーするなど、最近、バドミントンにはまっている。 「会場で顔を見たら気軽に声をかけてください」と2人。会場の楽しみがまた増えた。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事