日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

落合洋司特集

韓国国民の怒り爆発

“お友達偏重”の安倍政権は疑惑の韓国朴政権と本質同じ


元検事の落合洋司弁護士がこう言う。 「今回の韓国のケースに該当する日本の法律といえば、国家公務員法(守秘義務違反)でしょうか。法体系が日韓で異なるため断定的なことは言えませんが、おそらく韓国は文書管理がかなり厳しいのだろうと思います」 ■緊張感に欠けた日本の首相動静 確かに隣国の北朝鮮がいつ戦争を仕掛けてきても不思議じゃない立地だ。機密情報のダダ漏れは国家の一大事に直結するだけに韓国国民は政治家…

写真はイメージ

太もも撮影の都職員に懲戒処分 隠し撮りで捕まる“境界線”


元検事の落合洋司弁護士によれば、こうした隠し撮りの事案では2008年に最高裁で有罪判決が出ている。北海道のショッピングセンターで男が女性をつけ狙い、尻を近い距離で複数回撮影したケースだ。 ■女性を不安にさせる行為が摘発の対象に 「裁判官5人のうち1人が有罪に反対する微妙な判決でした。この種の隠し撮りはどこまでやったら有罪という明確な線引きが難しいのです。ポイントは女性を著しく羞恥させ、不安にさ…

写真はイメージ

「教師が妊娠させた」で送検 ウソ書き込みが罪になる境界線


弁護士の落合洋司氏が言う。 「業務妨害を適用したということは風説の流布によって教育委員会などに余計な手間暇をかけさせたことを問題としたのでしょう。もし先生が悪さをしたことが事実であったなら、教師という立場を考慮し、公益性の面から送検されなかったかもしれません」 ネットの世界では「タレントの○○が死んだ」といった書き込みをよく見かけるが……。 「そのタレントが本当に死亡したと信じて書いた場合はとも…

大阪名物「靴のオットー」

大阪の有名店は店じまい “閉店商法”は罪に問われないのか


「厳密に言えば詐欺罪の余地がないわけではないものの、可能性はかなり低い」と解説するのは弁護士の落合洋司氏だ。 「詐欺は意図的にウソをついて人をダマす行為ですが、この店が提示したのはシャレが利いたキャッチコピーみたいなもの。お客もそれを理解した上で、ノリで買い物をしてきたのでしょう。仮にお客が警察に“ダマされた”と訴えた場合、警察は受理して捜査をするかもしれませんが、詐欺で立件できる可能性は低い…

写真はイメージ

福岡地裁で33万円賠償判決 飲み会“タッチ”どこでアウト?


元検事で弁護士の落合洋司氏に解説してもらった。 「セクハラは相手の意に反することをして不快感を与えることで成立します。たとえ数秒間でも女性が嫌がることをしたら、セクハラと見なされてしまうのです。胸やお尻をポンと軽く叩くのもダメ。最近、気軽にハグをする若者を見かけますが、日本人である以上、みだりに女性の体に触わらないほうが無難です」 「手の甲で1回触っただけ」「女性は抵抗しなかった」「オバサンの…

写真はイメージ

巡査長書類送検 恋人でも「盗撮NG」の理由を弁護士に聞く


元検事で弁護士の落合洋司氏に聞いた。 「ホテルであろうと自分の部屋であろうと、撮影で女性に迷惑をかけたと認定されれば迷惑防止条例の適用を受けます。この条例は人間の姿態が対象なので、女性の顔は写さず裸のお尻や胸だけを撮った場合でも違反に該当すると考えられる。恋人やセフレのような以前から肉体関係がある特定の女性を盗撮したときも、相手の女性に被害届を出されたら、送検される可能性があります」 ただし、プ…

ネットではわら人形セットの販売も

島根で警察が口頭注意…呪いの「わら人形」逮捕の境界線は?


元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏が言う。 「罪に問われるとしたら、まず考えられるのが刑法の名誉毀損と侮辱罪です。人形を目にした第三者が女性のことを“こんな仕打ちを受けるほどヒドい人なんだ”と感じる可能性があるからです。タレントの顔とヌードを合体させる“アイコラ”で名誉毀損が適用された事件にも似ています。このほか脅迫罪の適用も考えられます」 どこまでやったら逮捕されるのか。 「女性がよく通る道に…

写真はイメージ

妻のスマホに“遠隔操作アプリ”で逮捕 夫でも罪になる「法律」


これをアプリにも適用して逮捕したことになります」とは、元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏だ。 「妻が同意したのなら問題はありませんが、こっそりインストールするのはこの法律に抵触します。妻が遠隔操作で不安を覚えたかは関係ありません。親告罪ではないので、妻が気付かず、警察が事実を知って摘発する可能性もありえます。有罪になれば3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます」 ■妻のスマホをこっそ…

ユーチューブにアップされた“物乞い動画”

「物乞い」ネット生中継で書類送検…大道芸と何が違うのか?


元検事の落合洋司弁護士に聞いた。 「物乞いは明治時代から禁止されている行為です。社会の秩序を乱し、人に不快感を与えるというのがその理由。軽犯罪法の規定では1000~1万円未満の科料または1~30日未満の拘留が科されます。拘留場所は刑務所です。物乞い行為の定義は不特定多数の人に哀れみを乞い、生活のために必要な金品を受け取ること。“お金をめぐんでください”と他人の同情を誘う行為です」 街角には歌を歌…

会見で検証実験終了を発表/(C)日刊ゲンダイ

小保方氏が理研退職へ…研究費めぐり「詐欺罪」適用の可能性


「小保方さんのことは詳しくは知りませんが、一般論として詐欺罪が適用される可能性はあります」と言うのは元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏だ。 「研究者が悪意をもってありもしない成果をでっち上げ、研究費を使ったことが証明されれば、刑事罰の対象になります。その場合、本人が自白すれば一番確実ですが、自白がなくても周囲の人がウソをついていることを客観的に証明すれば有罪になる可能性が出てきます。民事も同じ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事