日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中島美特集

こ、濃いですね……

誰に似てる? 中島美嘉の“厚化粧”写真めぐり大喜利状態に


歌手の中島美嘉(33)が5日にインスタグラムで公開した“厚化粧写真”が、ネット上で大きな話題になっている。 金髪のカツラをかぶり、目にはグレーのカラーコンタクト。丁寧にマスカラを塗ったまつ毛に鮮やかなピンクの口紅という具合。ド派手メークを施した中島の強烈な印象にビックリしたファンは多く、<誰かと思った><別人みたーい!>といった声が次々寄せられた。 話題はすぐさまネット掲示板にも飛び火。すると今…

衣装はクモの巣モチーフ/(C)日刊ゲンダイ

私生活も仲良し中島美嘉&ミリヤ「スパイダーマン」でタッグ


16日、映画「アメイジング・スパイダーマン2」のジャパンプレミアが都内の劇場で行われ、日本語吹き替え版テーマソング「Fighter」のためにユニットを組んだ中島美嘉と加藤ミリヤが、クモを意識したセクシー衣装で登場した。 プライベートでも仲がいいという2人。 歌詞は一緒に作ったそうで、加藤は「スパイダーマンにマッチした曲になっていると思います」と胸を張っていた。 映画は25日から公開。…

金髪キャバ嬢役/(C)日刊ゲンダイ

激太り説を一蹴! 中島美嘉がほっそり姿でキャバ嬢を熱演


「品川庄司」の品川ヒロシ(41)が監督を務めた映画「サンブンノイチ」の公開直前イベントが開かれ、「ナンバーワン・キャバ嬢・まりあ」を演じた中島美嘉(31)が本物のキャバ嬢に負けないド派手な衣装で登壇。品川監督を「空気をつくるのが本当に上手な人」とベタボメした。 一時期、映画で共演した池畑慎之介☆(61)のブログに掲載された中島の写真に「激太り」とウワサされたが、劇中を含め、イベントでもほっそり…

福山雅治と黒木華

福山雅治は結婚後初ドラマも “番宣”攻勢でお腹いっぱい


そもそも新人ミュージシャンをドラマで使って顔を売るのは「愛と喝采と」(TBS系)の岸田智史(現・敏志)に「傷だらけのラブソング」(フジテレビ系)の中島美嘉、映画では「タイヨウのうた」のYUIや「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の大原櫻子など、これまでも何度となく使われた手口だ。 実際、劇中歌となった岸田の「きみの朝」も中島の「STARS」もヒット。藤原も売れる可能性大だが、そうなると福山は彼女の後…

川島なお美さんの通夜と弔問に訪れた石田純一

石田純一が懺悔…川島なお美さん「失楽園」主演は代役だった


通夜には秋元康、松嶋菜々子、片岡愛之助、中島美嘉、荒川静香など、各界の著名人1500人が参列。その中で、「謝らなくちゃいけないことがあって……」とうつむいていたのは石田純一(61)だ。石田は「『失楽園』は渡辺淳一先生が僕をイメージして書いたと聞いて、ドラマ化のときは主演に決まっていた。僕が推していた女優さんもいた」と、川島は本来“代役”だったことを明かした。 「結局、僕が報道番組(スーパーJチ…

芸能界きっての人脈を誇るピーター/(C)日刊ゲンダイ

柴咲コウと中田も…ピーター主催パーティーの凄いヒット率


「先日、熱愛が報じられた中島美嘉と男子バレーボール日本代表の清水邦広はこの『高輪会』がきっかけで出会ったそうです。この会で清水の存在を知った中島がバレーの試合を見に行くようになったとか。他にも、ピーターとサシ飲みするほど仲の良い柴咲コウと熱愛の報じられた中田英寿を引き合わせたのも、同じくこの会だったというのです」(芸能関係者) ■通称“破局風呂”も パーティーは「高輪会」だけでなく、ピーターが…

右が加藤ミリヤ/(C)日刊ゲンダイ

サッカーW杯公式アルバムに抜擢 “裏歌姫”加藤ミリヤの実力


12日に開幕するワールドカップブラジル大会では、2人のJ-POP歌姫――中島美嘉(31)と加藤ミリヤ(25)がタッグを組み、公式アルバムの収録に参加。アジア代表ソング「Fighter」をデュエットしている。3日に開かれたソニー主催のセレモニーでは、解説者の大竹七未(39)らと一緒に日本代表へエールを送った。 大会ごとに制作するW杯の公式アルバムは毎回、世界の人気アーティストの歌が収録される。日本…

泉谷のトークで会見は盛り上がったが…/(C)日刊ゲンダイ

総勢300人! NHK紅白は「過去最大の出演者数」が目玉


昨年は出場していた倖田來未、中島美嘉も消えてしまった。 代わりに初出場する面々だが、白組は泉谷しげる、サカナクションなど6組。紅組はE―girls、NMB48、miwaの3組。会見そのものは泉谷の「ドッキリかと思って来てみたら、本当だった。やめとけよNHK。でも、もう二度とないからな」といった発言で大いに盛り上がったが、全体としてはサプライズに乏しい結果となった。 「昨年は美輪明宏の初出場という…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事