日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

亀山早苗特集

写真はイメージ

作家・亀山早苗氏が教える「浮気バレ」と「最後通牒」のサイン


「夫の浮気は、すべからく妻にバレている」と警告するのは、「妻たちのお菓子な恋」などの著書がある作家の亀山早苗氏。今は家庭が平穏でも、見せかけだけかもしれない。妻が“逆襲”した後の(元)夫の生活は、悲惨のひと言に尽きる。 出張から自宅に帰ったら、妻子と一切の家具が消えていた。あったのは、見知らぬ住所が書かれた1枚のメモ。 「あなたの新しい住まいはここです」 “ここ”は、学生も住まないようなボロアパ…

写真はイメージ

薄れる罪の意識…「浮気した妻」の行動とカラダはこう変わる


世の男性にとって笑えない結果だが、男女問題に詳しい作家の亀山早苗氏は「この結果はまだまだ甘い」と分析する。 「長年、浮気主婦を取材した結果、単身赴任の場合で6割、同居でも4割の妻が浮気を経験していると思います。とくにこの2、3年で人妻の意識は大きく変わり、浮気を悪いことと考えなくなった。この傾向は55歳以下の女性に顕著です」 ■妻たちの“浮気サイン”を見極めるチェックポイント ならば妻の浮気サイ…

None

「妻たちのお菓子な恋」亀山早苗著


(主婦と生活社 1204円+税)…

スピード離婚した島本真衣アナと芸能界最短離婚の遠野なぎこ

テレ朝島本アナは“1年半” 増える「スピード離婚」5つの疑問


名前を覚えるのは結構大変なんです」(恋愛事情に詳しい作家の亀山早苗氏) 職場では“昔のまま”がベターかもしれない。 (6)離婚の予兆!? 結婚生活に自信がない女性は独身時代の部屋を維持するケースが少なくない。 「取材した女性にもいました。彼には内緒で以前のマンションの家賃を自分の給与で払っていた。ケンカしたとき帰れる場所が欲しいと、荷物はほとんど新居に運んでいません。独身が長く、経済的に自立した…

(C)日刊ゲンダイ

「『最後の恋』に彷徨う男たち」亀山早苗氏


None

「くまモン力」亀山早苗著


(イースト・プレス 1000円)…

写真はイメージ

女性との距離を縮めたいなら ランチデートに“3つの鉄則”


男女関係に詳しい作家の亀山早苗氏が言う。 「男性を取捨選択するためのチェックポイントみたいなものが女性に浸透して、男性の言動を冷静にチェックする若い女性が増えているんです。バブル時代のようにディスコやバーで歯の浮くようなセリフで誘われて“つい”というケースは少なくなりました。特に婚活の流行で20代後半から30代の女性は、少しでも条件のいいタイプを見つけようとガードが堅くなりやすい。だから女性は最…

写真はイメージ

レアケースも? 不倫をきっかけに夫婦関係を改善する方法


■新たな夫婦関係を構築 「人はなぜ不倫をするのか」などの著書がある作家の亀山早苗さんは、妻の不倫を夫が知ったことで、長年のセックスレスが解消した中年夫婦を取材したことがある。 「他の男に抱かれている妻の姿を想像した途端、この女とセックスしたいと夫が強く感じるようになったそうです」妻も「夫を見る目が変わった」と、ギスギスしがちだった夫への態度を変えた。今も、休日は2人でセックスを楽しんでいるとい…

写真はイメージ

人気“不倫ドラマ”映画化決定も…「昼顔」たちの現実は?


男女関係に詳しいノンフィクション作家・亀山早苗氏に聞いた。 「ダブル不倫カップル(男51歳、女47歳)は、どちらも配偶者にバレてしまいました。表立って会うことはできなくなったのですが、それでも思いは続いていて、毎日の車通勤の際、すれ違う場所と時間を決め、渋滞などで近くに停車することができると、車の窓から窓へと手紙やプレゼントを渡したりするのです。“すれ違いの逢瀬”は目下、半年ほど続いています」 …

実現までの手間を惜しんではいけない

マンネリ打破に効果的 妻がうなずくスワッピングの誘い方


「マンネリ打破にスワッピングや3Pを取り入れる中年夫婦が増えてきているんです」 こう言うのは、ノンフィクション作家の亀山早苗氏だ。「妻と恋人 おぼれる男たちの物語」などの著書があり、男女関係に詳しい。たくさんのベッドの悩みを取材してきたプロに聞いた。 「お疲れ。一杯やろうか?」と時々飲んだりする同僚の家では、ひょっとすると刺激的なセックスが行われているかもしれない。 ネットには、3Pやスワッピ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事