「からだの異常はなぜ左に現れるのか」花山水清著

公開日:  更新日:

「モルフォセラピー」という体の歪みを正す施術を開発した著者だが、もとは美術家。人体のデッサンを通じて「アシンメトリー理論」という人体の左右差を発見し、解剖学や生化学を学びながらその原因と解消法を追求してきたという。

 たばこのニコチンやジャガイモの芽に含まれるアルカロイドが体内に入ることで、筋肉や細胞の形態異常が起こり、これが体の歪みにつながると本書。頭痛や腰痛などのほか、消化器障害やがんなどの原因にもなるとしている。

 自分でできるモルフォセラピーの一例も紹介。腰に両手をまわし、親指で背骨をなぞりながら骨のズレを見つけ、左親指は右へ、右親指は左へ向かって滑らせる。

 原因不明の不調があるなら、試してみる価値はありだ。

(廣済堂出版 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る