• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「野望の旅路」今井功一著

 昭和35年、地方紙の記者の上村は、本社への異動を断り会社を辞める。交通事故死した親友の妻・怜子に思いを寄せるため、東京を離れるわけにはいかなかったのだ。

 上村は、父親の友人だった鍋島が役員を務める旅行斡旋会社くろがね観光に入社。満鉄出身の鍋島は、今は亡き親会社の鉄道会社創業者からゆくゆくは社長の椅子を約束され、同社にスカウトされていた。

 しかし、上村は周囲の話から、鍋島が親会社出身の役員と対立し、社内で孤立していることを知る。一方で上村は配属先の営業所の所長古城の下で働くことに屈辱感を抱き、耐えられない。

 旅行会社を舞台に派閥抗争に明け暮れる男たちの姿を描いた長編小説。(幻冬舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る