「野望の旅路」今井功一著

公開日:  更新日:

 昭和35年、地方紙の記者の上村は、本社への異動を断り会社を辞める。交通事故死した親友の妻・怜子に思いを寄せるため、東京を離れるわけにはいかなかったのだ。

 上村は、父親の友人だった鍋島が役員を務める旅行斡旋会社くろがね観光に入社。満鉄出身の鍋島は、今は亡き親会社の鉄道会社創業者からゆくゆくは社長の椅子を約束され、同社にスカウトされていた。

 しかし、上村は周囲の話から、鍋島が親会社出身の役員と対立し、社内で孤立していることを知る。一方で上村は配属先の営業所の所長古城の下で働くことに屈辱感を抱き、耐えられない。

 旅行会社を舞台に派閥抗争に明け暮れる男たちの姿を描いた長編小説。(幻冬舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る