明治維新の真相に迫る本特集

公開日: 更新日:

「長州の刺客」星亮一著

 戊辰戦争を史実に基づき、詳細に描きながら、奸策と狡知によって討幕、権力を詐取した薩長軍の行状を暴く明治維新論。

 江戸無血開城を成し遂げた薩長軍は、宿敵の会津藩を攻撃するため仙台湾に軍船を派遣。長州藩の木戸孝允(桂小五郎)の命を受けた参謀の世良修蔵は到着早々、仙台藩に会津総攻撃を命じる。しかし、「東北皆敵」という世良の秘密文書が露見し、怒った仙台藩士が世良を抹殺。東北諸藩は同盟を組んで薩長軍と戦火を交える。必要のない戦争を誘発し、国土を疲弊させ、「勝てば官軍、負ければ賊軍」という悪しき日本をつくり出した薩長の罪を問い、明治維新を見直す。(批評社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  10. 10

    ようやく初入閣…北村地方創生相の“髪型”に秘められた事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る