現代は“オトコ”にとって本当に生きづらい時代なのか?

公開日: 更新日:

「60歳からの欲情」川北義則著

 熟年にも当然、性欲はある。いや、むしろ肉体が衰えるぶんだけ想像力が活発になるという面もあるだろう。元東スポ記者にしてオトナの遊びの指南役としても人気の著者による「定年後、男はどう遊べばいいか」(副題)の手引き。

 想定されている読者層は「いままで遊びを知らなかった」定年後のオトコたち。若い女性を扱い慣れてないのに無理してしまうため、すぐにホテルに誘って恥をかいたりストーカーまがいに見られたりと厄介なことおびただしい。いい年して下品なふるまいや口の利き方も厳に慎みたいもの。先輩の小言だと思って読むと霊験あらたかだ。(KADOKAWA 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

もっと見る

人気キーワード