• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「スーパーで買っていい食品買ってはダメな食品」河岸宏和著

 野菜や果物や肉や魚などの食材から、飲料や調味料、手軽に食べられる冷凍食品やレトルト食品、さらに温かい総菜までずらりと揃えて、日々の食を支えているスーパー。買い手が消費期限や賞味期限をチェックし新鮮なものを買っているつもりでも、実はスーパーのバックヤードでは再加工して新しい日付を付けなおして売るのが慣例らしい。本書は、長年、食の現場で働き、食品の「作る・運ぶ・売る」のリアルを肌で知る著者による、スーパー買い物指南の書だ。

 例えば酒のつまみに買って帰りたくなる焼き鳥の場合、店の厨房で作っているものよりも海外の鶏肉を使って海外で焼き、たれをつけた状態で冷凍して空輸し、店で再加熱しているものがほとんどだという。

 肉の味よりタレの味で食べさせるため味の大半がタレなのだが、ネギは冷凍に不向きなのでネギマは冷凍焼き鳥では存在しないなど、マニアな情報が満載だ。

 本書を読めば、スーパーの裏事情通になれること間違いなし。(さくら舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る