「スーパーで買っていい食品買ってはダメな食品」河岸宏和著

公開日: 更新日:

 野菜や果物や肉や魚などの食材から、飲料や調味料、手軽に食べられる冷凍食品やレトルト食品、さらに温かい総菜までずらりと揃えて、日々の食を支えているスーパー。買い手が消費期限や賞味期限をチェックし新鮮なものを買っているつもりでも、実はスーパーのバックヤードでは再加工して新しい日付を付けなおして売るのが慣例らしい。本書は、長年、食の現場で働き、食品の「作る・運ぶ・売る」のリアルを肌で知る著者による、スーパー買い物指南の書だ。

 例えば酒のつまみに買って帰りたくなる焼き鳥の場合、店の厨房で作っているものよりも海外の鶏肉を使って海外で焼き、たれをつけた状態で冷凍して空輸し、店で再加熱しているものがほとんどだという。

 肉の味よりタレの味で食べさせるため味の大半がタレなのだが、ネギは冷凍に不向きなのでネギマは冷凍焼き鳥では存在しないなど、マニアな情報が満載だ。

 本書を読めば、スーパーの裏事情通になれること間違いなし。(さくら舎 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  10. 10

    お笑い界は第7世代でスッタモンダ 足切り100組が路頭迷う

もっと見る