世界を吹き荒れる大衆扇動の嵐 「ポピュリズム」とは何か

公開日: 更新日:

「ポピュリズム」薬師院仁志著

 関西在住の社会学者である著者は5年前、橋下徹大阪市長(当時)とテレビ出演し、論争したあげく橋下支持者から猛烈なバッシングを受けた過去を持つ。

 本書では米国のトランプ、日本の橋下、仏のルペンら代表的なポピュリストを例に、彼らの思想や政治的ふるまいを具体的に論じる。

 特に終わりのほぼ3分の1を費やした仏ルペン父娘2代にわたる国民戦線の分析は読み応えがある。毒々しい差別的言辞で少数派にとどまった父と、「見かけだけはきれいなFN(国民戦線)」の演出に腐心する娘。みえすいた手口だが、過去を知らない若い世代がころりと帰依してしまうあたりも日本に一脈通じるようだ。(新潮社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る