• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「濡れた花びらたち」日下忠著

「う……」

 深く突き入れるたび、さとみはえずきそうな感じで呻き、生温かな唾液をペニスにまみれさせてきた。

 藤夫も高まってくると彼女の前後の穴からヌルッと指を引き抜き、割れ目を舐め回し、愛液をすすりながら突き上げに集中…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事