• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「俺の女社長」草凪優著

 獣の牡の本能が覚醒し、下から渾身のストロークを送りこんでいく。男根も、いつもより数段硬くみなぎっている気がする。

「ああっ、いいっ……来てるっ……奥まで来てるっ……いちばん奥まで届いてるうううううーっ!」

 麻理江が眼…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事