日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「四姉妹風呂【ひとりじめ】」高杉圭著

(だめ……だめっ、だめえッ。まって、きえちゃう……きえちゃうのっ……ああッ)

 頭の片隅にあった男の姿が霞んで、やがて消えた。彩乃は嬌声を響かせながら瞼を開く。

 目の前には、獣のような形相になった亮太がいた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事