日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「隣のとろける未亡人」渡辺やよい著

「う、うう、気持ちよすぎて……俺、やばいよ」

 誠は歯を食いしばって吐精感に耐えた。少しでも動くと終わってしまいそうで、そんな情けないことはできず、頭の中が煮え立ってくる。

 すると真緒の両手がそっと背中に回された。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事