• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「店長は未亡人」忍池砂一著

「ぐじゅる、じゅびる、びじゅっ」

 大胆なストロークは肉竿を懲らしめるように擦った。ぴたりと吸いついた唇の裏側が唾液の跡を引き、ざらざらした舌の表面が裏筋を這い舐った。

「んふぁ。おかみさん、き……気持ちいいです!」

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事