• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「下町とろみつ通り」葉月奏太著

 佳奈子の首を振るスピードが、少しずつ速くなっている。しかも、舌まで器用に使い、裏筋を舐めあげてきた。

「くううッ、そ、それ、やばいです」

「むふっ……はむっ……あふンっ」

 リズミカルな口…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事