• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「奴隷妻・奈津子」深山幽谷著

「ウフフ、クレバスの縁の花びらがいやらしく波打っているぞ」

 鞭をいったん小脇に収めた友也は、いやらしげな笑い声をあげながら裸囚の性器に指を触れた。彼は奈津子の夫なので彼女の裸体を見るのは初めてではなかったが、台に手足をくくりつけられて前屈ポーズで性…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事