日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「高慢令嬢姉妹、堕ちる」鬼龍凱著

「ほらっ! お望み通りっ! このまま終わらせて差し上げますよっ!」

 紗雪は、喉の奥まで届くペニスに刺し貫かれているような感覚さえ抱いていた。もう、体裁を取り繕おうなどという考えは頭の中から消し飛んでいた。

「はひぃっ!…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事