日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「団地妻 昼下がりの恥辱」九龍真琴著

「もう我慢できない。奥さん、その染みのついたパンティを、早く脱いで、直接にオマ×コ見せて」

 火照りが全身に及ぶ頃、陽菜の頭の中は、すっかり快楽の渦に呑み込まれ、理性はどこかに消し飛んでいた。男に言われるがまま、その言葉に従うほかない。というより、自…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事