日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「肉欲の会議室」御前零士著

「先っぽの割れ目をベロの先で抉って、強めにシコシコしてくれ。そろそろ出そうだ」

 妖しくエコーがかかった命令が脳裏に反響する。秘書は気怠そうに薄目を開けて頷くと、長い睫毛を伏せて従う。これは屈したのではない、会議の時間に間に合わせるためだ──そう自分…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事