日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あやかし肌」睦月影郎著

「あ……、ああ……、いいわ、いきそう……」

 そのうちに百合子がガクガクと股間を跳ね上げ、声を上ずらせはじめた。藤夫は彼女の肩に腕を回し、股間をぶつけるように律動した。

 動くたびに、ヒタヒタと肌のぶつかる音に混じり、ピ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事