日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ゆうわく透明人間」響由布子著

 少しだけ尻を持ち上げ、刺す角度を変えた。結合がより深まり、子宮口の切れ目が熱心に吸い付いてきた。

「……」

 彼女は口をきつく結んだまま平静を装っている。だが膣の中は激しい反応を示していた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事