日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

霧原一輝著「桜の下の螢」

 千鶴は乳首を引っ張りあげながら、左右に強くねじり、そして、両足を真っ直ぐに伸ばした。

 イクのだ。気を遣るのだ。

 鴻一郎は人差し指を足して、三本の指をひとかたまりにして抽送した。

 抜き…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事