日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「散華」藍川京著

 サヤ越しの肉のマメへの刺激に、緋美花の総身は一気に熱くなった。すでに燃えていた悦楽の火が炎になって大きく燃え上がっていく。

「あう……あっ……あっ……あっ……くうっ!」

 緋美花の総身を火の塊が駆け抜けていった。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事