日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小金井響著「鬼畜生徒会の女体化調教」

 彼女は持ち上げたスカートごと光の腰を押さえつけ、腰が逃げないように固定してきた。

「アナルって、ああっ、いやあ、だめです、くうう、うううう」

 聞き慣れない言葉に驚く暇もなく、瞳の指が一本肛肉の中にすべり込んできた。<…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事