日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女子大生家庭教師」早瀬真人著

「あ、あ、イクっ……イッちゃいます」

 肉筒が大きくひくついた瞬間、裕太は目をカッと見開いた。

 莉沙子が、手にしていたパンティを亀頭の先端に押しあてたのである。

(あっ!?)

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事