日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「処女刑事 大阪バイブレーション」沢里裕二著

「あぁあ、焦れったいなぁ。ちゃうやろ、ローターの当てる場所が。あんた、オナニーしたことあるやろう」

 男が波留の右手をがしっと掴んで、ローターの先端の位置を変えた。

「あぁああああああああ」

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事