日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「劣情」草凪優著

 あふれる愛液の量はすさまじく、すでに玉袋の裏まで垂れてきているのに、締まりの強さは呆れるほどで、一打ごとにきつくなっていく。締まるだけでなく、吸いついてくる。内側の肉ひだが、ざわめきながらからみついてくる。それを振り払うように、怒濤の連打を繰りだしていく。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事