日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ふしだらな園バス」霧原一輝著

 泰三は汗ばんだ肢体を抱き寄せながら、短いストロークでたてつづけに打ち込んだ。狭隘な肉路をいきりたったものがずりゅっ、ずりゅっと行き来し、甘い快感が一気に押しあがってきた。

「優奈、優奈……」

「ああ、嶋田さん……嶋田さ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事