日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「蝮の舌」うかみ綾乃著

 宗之の動きが、徐々に速度を上げていく。

 京香の手がわななき、その肩に伸ばされる。

「はンッ……すごい……あぁ、あぁぁ……」

 衝撃で乳房をゴム鞠のように揺らしながら、京香が喘ぎ続けている…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事