日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「美人司書と女教師と人妻」真島雄二著

 徹也はしだいに我慢できなくなり、艶やかな桜色の秘裂を指先でなぞってみた。

「あうっ……」

 ちょっと指を這わせただけなので、触り心地ははっきりしないが、理菜はそれだけでなまめかしい声を漏らし、表情を崩した。はみ出した小…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事