日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「さよなら未亡人」草凪優著

「いやっ! ああっ、いやっ!」

 スローピッチをキープしつつも、静香は顔を真っ赤にして長い黒髪を振り乱す。たわわな乳房に汗をかき、タップン、タップン、と揺れはずませる。先端で尖っている乳首がことさらに卑猥で、つまみあげたくてしょうがない。だが耐える。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事