日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「美しい義母と兄嫁と……」綾野馨著

「私のパンティに、私のあそこが当たっていた場所に、啓介さんの濃くて熱いのをいっぱい出してぇ」

 紗枝は右手の動きをさらに加速させ、亀頭包みの薄布を左手で撫でまわしつづけた。左手の指先に、なめらかな布地に広がった先走りのヌメリを確かに感じる。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事