• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花鳥籠」深志美由紀著

「――っ!」

 喉奥へ放出された女の瞳が見開かれる。肉竿がずるりと引き抜かれて、女の唇から白濁が滴り落ちた。

「んっ、ああっ、私も、い、いっちゃうっ……」

「イクのか? レイプされてイクのか…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事