• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「寝取られ熟母」鈴川廉平著

「ああっ、あああん、いいわ、あああん、あああっ」

 佳奈のほうは啓太の声など聞こえないかのように、怒張を根元まで自分の中に収め、腰を使いはじめた。

「ううっ、そんなふうに……くうう、ああっ、ああっ」

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事