• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人妻部 夜の社員研修」橘真児著

「だ、ダメ……もう――」

 いよいよ極まったふうに身をよじりだした人妻が、牡の屹立を両手で強く握る。昇りつめそうになってしがみついたのかと思えば、せわしなくしごきたてた。

「あ、ううう、ど、堂島さん」

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事