• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「熟女家政婦 麻里子と明美」葉川慎司著

「あああ……溶けてしまいそうです」

 喜びに背筋が粟立つ。家政婦が本気で感じてくれていることがわかった。裕樹はほとんど無意識に、両手で麻里子の太腿を押しひろげ、唇を女裂にねっとり押しつけていった。

「もっと……もっと気持…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事