日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「未亡人ふたり」雨宮慶著

 僚太の手が恐る恐るといった感じで秘苑に触れてきた。ピクッと腰が跳ねた。

 秘唇が開かれた。ゾクッと軀がふるえ、美菜は喘いだ。つぎの瞬間息を吸い込んでのけぞった。僚太の舌がクリトリスをこね回す。

「ああだめッ……ああッ、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事