• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「僕の家には三人の痴女がいる」香坂燈也著

「あふううっ、また締まった。由乃さん、僕……イきますうっ」

「はううっ、いいの、きて。キミの童貞……捨ててっ」

 最奥に弘明の尖端をねじこまれる。熱い雄肉がびく、びくっと断続的に震えた。

「…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事