• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女捜査官淫辱」八神淳一著

「あっ、ああっ、うそ、うそっ……あ、ああっ……」

 いきなり、アクメの高波が迫ってきた。

 お尻の穴を舐められているだけなのに……本当にいくのか……。

 七瀬はかぶりを振りつつも、サジを見つ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事