• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「母娘みだら下宿」村崎忍著

 股間から根元だけを見え隠れさせ、ぬかるんだ膣奥で肉傘をこねまわした。

「ここよ。ここに薫くんの想いを、浴びせるの……」

 雄々しい剛直に子宮を打ちつければ、美智子の背筋から首筋にまで快喜が響く。脳裏にひろがる白い光が、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事