• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「奥さん、透けてますけど。」葉月奏太著

 ――出していいのよ、口にいっぱい出して。

 彼女の気持ちがすっと流れこんでくる。エコーがかかったように、妖しげな声が頭のなかで響き渡った。

「で、でも……」

 快感はきわどいところまで高ま…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事