• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「兄嫁の秘蜜」綾野馨著

 義姉の溢れ出る淫蜜を舐めあげていった。

「はンッ、あぅ、あっ、あぁン、とっ、智樹、くン、そんな激しく舐めまわさなくても、はぅン、ああ……」

 切なそうに腰をくねらせる菜奈の両手が智樹の頭部に這わされ、髪の毛に指を絡みつ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事