• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「したがり先生」なぎさ薫著

「先生、お願い。もうちょっと膝を開いて……先生の秘密が覗けるように」

「そんな……だめよ、雄太くん……これ以上は……」

 抗う言葉を吐きながらも、膝の力は勝手に抜けて股間が緩んで開いてしまう。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事