• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「叔父に抱かれて」橘真児著

「イヤイヤ、あ、よすぎるぅ」

 すすり泣き交じりによがり、ベッドの上で全身をくねらせる。体内に歓喜のシロップが溜まる感覚があった。

 最後にはそれがはじけ、一気に溢れることを、美千代は知っている。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事