• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「義母は僕の愛人」九龍真琴著

 ナースの頬は大きく窄み、思いきりペニスを吸い立てていく。

「あぁうッ」

「長谷川さんのオチ×チン。こういう味なんだ。すっごくおいしい」

 ペニスを口から出すと口元は大量の唾液で濡れていた。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事