• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女医さんに逢いたい」葉月奏太著

「ひああッ、ま、待って、奥、あああッ、奥ばっかり」

「くうううッ、こ、これは……おおおおッ」

 絶頂が迫っているのか、膣が猛烈に収縮している。濡れ襞が太幹にまとわりつき、奥に引きこむように蠢いた。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事