• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「混浴先生」水沢亜生著

「ふふっ、元気いっぱいね。舐めてあげるわね」

 優香里が伸ばした舌が、裏筋をチロッと軽く舐めた。

「ひぅっ……」

 ひと舐めされただけなのに肉茎がかつてないほど跳ね上がり、腰も浮き上がる。<…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事